いきいき補聴器ライフ補聴器の最新情報・ライフスタイルの提案や、当社のマスコットキャラクター「ヨッキー」が
タイムリーな情報やお勧めスポット、見たこと、感じたことをブログで紹介します。

結露について

これからの寒い季節は、耳かけ型補聴器の音が聞こえなくなったりすることが多く発生ます。
『結露現象』によりチューブ内に水滴が溜り、音を遮断して聞き取りづらくなったり、全く聞こえなくなったりします。
写真のようなブロアーで空気を送ったりしてチューブ内の水滴を取り除くことができます。
他にもチューブを抜いて振ったり、ティッシュで紙縒りを作って吸い取ったりしてチューブ内の水滴を取り除けば、改善されます。
それでも改善されなければ、他の原因も考えられますので、お近くの『補聴器のリケン』でご相談下さい。
また、そのようなトラブルを防ぐ防滴チューブなどもございますので、詳しくは店頭スタッフにお尋ね下さい。

投稿日時: 2017年11月1日 09時00分

補聴器利用の注意点

今回は、安全に補聴器を使用して頂くためのお話です。
 

充電式の補聴器も登場し始めましたが、まだまだ主流は使い捨ての電池。
お子さんやペットの見えないところでの保管、電池交換をお願いします。
万が一お子さんが電池の誤飲をしてしまったら、直ちに病院に相談して下さい。
 

 
また、使い終わった電池はお住いの自治体の指示に従って処分頂くか、電池を購入する際にご持参下さい。当社では電池のリサイクルのための回収を行っております。
 

MRI検査受診時は、補聴器を外しましょう。
MRIは強力な磁場を発生させます。補聴器の部品を破壊させてしまいますし、金属類が近くにあると肝心な診断にも影響が及びます。
同じように、CT検査の時にも補聴器は外して下さい。

他にも心配な点、気になる点などございましたら、店頭スタッフにお問い合わせ下さい。

投稿日時: 2017年5月1日 09時00分