いきいき補聴器ライフ補聴器の最新情報・ライフスタイルの提案や、当社のマスコットキャラクター「ヨッキー」が
タイムリーな情報やお勧めスポット、見たこと、感じたことをブログで紹介します。

冬場の補聴器電池消耗について

今回は冬場の電池消耗についてのお話しです。

最近「電池の減りが早いなあ」と感じる方が多いのではないでしょうか?
補聴器用「空気亜鉛電池」は電池のプラス面の通気穴から空気中の酸素を取り込み、電気を作ります。そのため、取り込む酸素が減ると電池の消耗が早くなります!
特に冬場は、
 ①電池が冷える
 ②乾燥
 ③石油ストーブ
等の使用による二酸化炭素の増加などによって電池の消耗が早くなり、夏場に比べて電池の持ち時間が短くなります。

電池使用の注意事項
1.新しい電池に交換する時は保護シールを剥がしてから30秒から1分程度待ち、それから電池をセットしましょう。
2.電池が冷えている場合は手のひらで30秒から1分程温めて使用しましょう。
3.暖房器具をご使用の場合はお部屋の換気を小まめにしましょう。
4.補聴器を乾燥ケースの中に入れる時は電池を外しましょう。

補聴器乾燥ケース

 
日頃から電池の予備は持っておくと安心ですね。
最近は充電式の補聴器も販売されています!電池交換の手間が無くなり大変好評です!
電池式、充電式どちらの試聴も承っております。
是非店頭にお越しください!

投稿日時: 2019年12月1日 09時00分

使用済み電池の保管方法

皆さんは、使い終わった電池はどのように保管されていますか?
 
昨年、ホームセンターがほぼ全焼した火災が発生しました。
店舗内の棚に置かれた廃棄前のボタン電池付近から、出火した可能性が高いようです。
使用済みボタン電池は重なり合うと、ショートして発熱する可能性があります。
使用済みボタン電池を保管する際は、電池の全ての電極にセロハンテープを貼り付け、絶縁することをおすすめします。
絶縁頂いた電池は、補聴器のリケンへお持ちください。
専門の業者へ送りリサイクルに回しています。

また、電池不要の充電式補聴器もございます。
取扱いは簡単で、3時間の充電で24時間の使用が可能です。
夜、お休みの際に充電器に差せば翌朝にはフル充電の状態でご使用いただけます。

 
電池交換が不要で便利という利点だけでなく、補聴器内部へ汗や湿気が侵入しにくい構造のため、サビが原因での故障リスクを減少させることも可能です。
ご試聴もできますので、お気軽にスタッフまでお問い合わせください♪

投稿日時: 2019年2月1日 09時00分