製品紹介

補聴器の形状のご紹介

耳あな型は耳の中に入れるタイプです。
耳の型を採取してオーダーメイドでお作りするので、装着しやすく、補聴器の中では小さく目立たないのが特徴です。
大きさについて
耳かけ型は耳の上に本体をかけて、耳せんを耳の中に入れて使うタイプです。
幅広い聴力に適応し、最近では小型でデザイン性の高いものも増え、防水タイプのものもあります。
大きさについて
ポケット型はコードでイヤホンを伸ばして使う箱型のタイプです。

本体が大きく、コードがあるため日常生活や運動時には不便なこともありますが、操作が簡単で大きな音が出せます。

メガネ型は、メガネの耳にかけるツルの部分に振動子があり、頭蓋骨を通して音声を振動で伝えるタイプです。

伝音性難聴や混合性難聴に向いています。
骨導式補聴器には、メガネ型以外にもカチューシャ型(ヘッドバンド型)もあります。