補聴器マメ知識

耳と難聴

耳と難聴のしくみ

音は、外耳道を通り、鼓膜をふるわせ、中耳の耳小骨(小さな3つの骨)で振動を内耳に伝えます。
内耳の蝸牛にある聴神経の受容器が刺激されます。そこからは、神経の働きによって情報が分析されながら、大脳まで伝えられます。このうちのどこかの働きが加齢や病気などで悪くなると難聴になります。

伝音難聴 [音を伝えるところの障害]

鼓膜に穴があいたり、耳小骨の動きが悪くなるなど音を内耳に伝える部分の障害が原因の難聴です。補聴器で音を増幅して伝えれば比較的良く聞こえます。

補聴器をつけると、音が大きく聞こえ、比較的よく聞こえます。

感音難聴 [音を感じるところの障害] 

音を電気信号に変換する内耳、電気信号を脳に伝える聴神経、または脳に生じた障害が原因の難聴です。加齢が原因の難聴も感音難聴の一種です。
補聴器で音を増幅して伝えるだけではうまくきこえず細かい調整が必要です。

補聴器をつけると、聞こえた言葉や音をヒントに類推することで「リケンのヨッキー」と理解し、聞き取ることができます。

老人性難聴 [音を感じるところや、理解するところの老化]

加齢現象によって引き起こされる感音難聴です。
内耳の蝸牛の機能低下により音が聞こえにくくなり、また中枢神経の機能も落ちるので言葉の判断力も悪くなります。周囲に雑音があるとさらに言葉の聞き取りに支障をきたします。

難聴のまま長い間過ごすと、脳への刺激が減りことばを聞き分ける能力が低下したりします。なるべく早く補聴器を装用するほうが補聴器に慣れるのも早く、補聴器を使いこなすことができます。